新型コロナウイルスに対する院内対策について2020.04.16

いよいよ山陰の鳥取・島根でも新型コロナウイルスの感染が確認されました。不安に思われる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は新型コロナウイルスに対する院内対策についてご説明いたします。

基本的に予約制であり、入れ替わりのタイミングも分けておりますので、不特定多数が混み合うことはほぼありません。

各部屋広くて、完全に個室、ドアできちんと分けられる、大きな窓が各部屋にある。
これが感染経路の縮小と予防の行いやすさに繋がっています。

カーテンで間仕切りされていたり、壁はあるけどカーテンで戸締りする…これでは、毎回カーテンを洗濯したり除菌するのは不可能です。

狭い部屋だと部屋中が汚染されてしまいます。部屋はお客様の入れ替わりの際には窓を全開にして換気をしっかり行っております。

シーツや毛布等もこまめに変えたり消毒を行っております

安心して治療を受けてください。

もしそれでも、感染したり、感染を広げたり…というのが不安な方は、

お手数ではありますが、ご自宅から大きめのバスタオルをご持参して頂ければと思います。

各部屋に手指の消毒スプレーと除菌シートがあります。

ご自由にお使いいただければと思います。

患者さんにも来院時に手肌に優しい次亜塩素酸水での消毒を実施して頂いております。

お手数ですがよろしくお願い致します。

患者さんが触れる機会がある、ドアノブ、トイレ内、待合周りは特に重点的に消毒を行っております。

施術者である、私自身の定期的な検温・手指消毒・マスク着用・免疫力を落とさない生活を心がけております。

こんな時だからこそ、心とカラダの両面からのケアが必要だと思います。
少しでも安心して来院して頂ける環境をつくってお待ちしております。

2020年11月より、オゾン発生装置「バクテクターO3」による除菌・感染対策を強化いたしました。より安心して来院していただける環境をつくりました。

関連記事

  1. お陰様で5周年を迎えることができます。

  2. 4月メルマガ補足

PAGE TOP